in 名苑と名水の宿 梅園 2019.05

名苑と名水の宿 梅園 お部屋のお風呂&パブリックのお風呂

-0 COMMENT
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
名苑と名水の宿 梅園の口コミはこちら

露天風呂付き離れの部屋風呂は、露天タイプと半露天タイプがあるそうです。公式サイトの画像を見ても半露天タイプの様子がよく分からなかったのですが、『櫻亭』は半露天タイプ、との事でした。

baie3_1.jpg
こちらが半露天風呂、なのですが。。えーっと、これ、内風呂じゃん?

baie3_2.jpg
天井も壁もぐるっと囲まれてて、外がかろうじて見えるのはこの部分のみ。無双窓かと思って開けようとしたけど、窓じゃなかった(;^ω^)

baie3_3.jpg
でも大きさは結構あって、大人2人で余裕の広さ。しかも絶えず源泉がかけ流されてるので、お湯の状態がとても良かったですよ。

baie3_4.jpg
洗い場もありました。が、隙間風が入るので冬はキツイかもね。
お部屋の半露天はほぼ内風呂でしたが、お湯は良いのでそこは満喫できるかと。ただ、やっぱり圧迫感&閉塞感がね。。浴槽は大きいのに何となく手狭に感じるのは浴槽と壁が近過ぎるからだと思います。ここをもうちょっとゆったり造ればだいぶ印象が変わるのではないかと。あまり落ち着かず、1度浸かっただけでもったいないお風呂になってしまいました(´-ω-`)


baie3_5.jpg
続いて貸切露天風呂のご紹介。2つあって、どちらもほぼ同じ造り。予約制ではなくて、空いていたら客室から持参した「使用中」の札をドアにかけておくシステムです。

baie3_6.jpg
パブリックのお風呂にはフェイスタオルのみ用意されています。バスタオルは持参で。

baie3_7.jpg
広い広い露天風呂。6~7人が余裕で浸かれますよ。しかもこここも源泉かけ流し!素晴らしい湯量です。

baie3_8.jpg
部屋風呂がイマイチだったので貸切露天風呂を使う事が多かったんですが、人気みたいでいつもどちらかもしくは両方とも使用中の事が多かったです。

baie3_8_2.jpg
洗い場もあります。洗い場はドア付ですが、この時期は開けっ放しでも問題なし。
貸切風呂はこんな感じ。人気なのも納得の広さ&かけ流しのいいお湯で、昼も夜もとっても気持ちの良いお風呂です。2家族で入れそうなお風呂を独り占めする贅沢さ、とても気に入りました(^^♪


続いて大浴場。。なのですが、とってもザンネンな事に撮影禁止( ;∀;)でもこの大浴場が梅園さんの売りなのでね、公式サイトから画像をお借りしてきましたよ
大浴場には浴槽が3つあって、屋根のない岩露天と屋根のあるひのき露天、ガラス窓に囲まれた岩風呂。そして3つともに源泉かけ流し。
baie3_9.jpg
こちらが屋根のない岩露天風呂。とっても広々で正面には由布岳を望みます。

baie3_10.jpg
公式サイトの画像は男湯の方で、女湯は由布岳もよく見えますが、貸切風呂の屋根なんかも見えます。男湯の方が眺めは良いですね。

baie3_11.jpg
こちらはガラス戸で囲まれた岩風呂。

baie3_12.jpg
そして屋根のあるひのきの露天風呂。このお風呂からも由布岳が見えました。
大浴場はこんな感じ。梅園さんは立ち寄り湯でも人気だそうで、それも納得、実に気持ちの良い露天風呂です。どのお風呂も大きいし、早朝なら独り占めできる時間帯もあるので贅沢気分を満喫できるかも。
ただ、浴槽の規模のわりに洗い場が6つしかなくて、夕食後なんかは結構混雑してました。お風呂付きの客室に泊まる方は、そっちで洗ってからの方が良いかもしれませんね。


次回は夕食のレポを。

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
名苑と名水の宿 梅園の口コミはこちら

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment