in 名苑と名水の宿 梅園 2019.05

名苑と名水の宿 梅園 訪問

-0 COMMENT
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
名苑と名水の宿 梅園の口コミはこちら

5月の旅は、再び由布院ですが、今回は久々の父連れ旅。前回は2017年6月に上高地へ行ったんだっけ。そうそう、しおり絵さんとルミエスタホテルさんに泊まったのだっけ。父が喜んでくれたので2018年もどこかに。。と思ってたら、実家の犬が要介護になってしまい、老々介護に。こういう時大型犬は大変なんだな。。その老犬も昨年末に旅立ってしまったのでね、父が退屈してるんじゃないかな、と、旅に誘ってみました。
ワタシは4月に続いて、父は初めての由布院。宿選びも結構悩んだのですが、初日は大浴場からの眺望が売りの『名苑と名水の宿 梅園』さんに決めました。由布岳が見える大浴場、しかも源泉かけ流しというのに惹かれてね。


baie1_1.jpg
宿のエントランス。この辺りは津江と呼ばれるエリアで、4月に泊まった津江の庄さんもすぐ近く。

baie1_2.jpg
高級感漂うエントランスへは、駐車場からは結構な坂道を上がる事になります。荷物が多い方は一旦エントランス前の車寄せに停めて荷物を下ろしてから、駐車しに行った方が良いかと。

baie1_3.jpg
エントランスを入ると広々ロビー。ホントに広い!

baie1_4.jpg
フロント。いつもスタッフさんがいるのでシャッターチャンスがなかなかない(;^ω^)

baie1_5.jpg
ステキなタイル張りの暖炉があったりして、雰囲気ありますね。

baie1_6.jpg
ウェルカムドリンクの柚子茶をいただきながら、しばしほっこり。この日は暑かったのでね、冷たいお茶が嬉しい。

baie1_7.jpg
ロビーの一角にはショップも。

baie1_8.jpg
客室は全26室。本館・離れ・離れ露天(半露天)風呂付きの3つのタイプがあって、ワタシ達は離れ露天風呂付きのお部屋に泊まったので、ロビーからはちょっと距離があります。こんな感じで階段があったり。

baie1_9.jpg
途中までは屋根があるので雨でも大丈夫かと。
因みに、食事処は本館に、大浴場や貸切風呂は離れの近くにあるので、どちらに泊っても移動は避けられません。ただ、身体の不自由な方向けにカートでの移動をお願いできるそうですよ。

baie1_10.jpg
離れが点在する小径。この辺りは屋根がないので荒天時はキツイかな。。

baie1_11.jpg
ワタシ達が泊まった離れ。隣との距離は近いですが、完全戸建てなのでとても静かですよ。

baie1_12.jpg
お部屋の前に、その他のパブリックスペースの紹介。本館近くにあった自販機。この他に大浴場前にもありました。客室の冷蔵庫は空なので、飲み物は各自自販機で調達します。

baie1_13.jpg
館内移動中、由布岳が見える場所もあり。

baie1_14.jpg
梅園さんの敷地には大きな庭園があって、この時期は緑だけですが、梅の季節はホントに梅園になるそうで。その他にも水芭蕉やツツジ、紫陽花、夏にはホタルも見られるそうです。

baie1_15.jpgちょうど花のない時期でね。。ちょっと散策してすぐにお部屋に戻りました。

パブリックスペースはこんな感じ。全26室とそれ程大型旅館でもないので、そこまで充実してる感じではないです。離れはお部屋に色々揃ってるので、どちらかというとおこもり系かなぁ。敷地内にcafe&bar『えんじ』という施設があったので、バータイムには良いかも知れませんね。


次回は客室のレポを。

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
名苑と名水の宿 梅園の口コミはこちら

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment