in うめひびき 2019.04

うめひびき 客室

-3 COMMENT
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
奥日田温泉 うめひびきの口コミはこちら

うめひびきさんの客室は全32室。本館・離れ・別邸に分かれてて、本館の一部と離れ・別邸の全室が露天風呂付客室になってます。客室タイプによって部屋名が異なるのだけど、全部梅の品種なんですよ。本館に七折・織姫・南高、離れが竜峡、別邸が鶯宿。オシャレですねぇ(*´▽`*)

uhibi2_1.jpg
案内されたのは『鶯宿201』、別邸の中では一番リーズナブルなタイプです。

uhibi2_2.jpg
玄関はシックでなかなかステキ。

uhibi2_3.jpg
通路は結構狭いですね、ここの左側にミニキッチンとクローゼットが収納されてます。突き当りはパウダールーム。

uhibi2_4.jpg
ミニキッチン。カプセル式のコーヒーマシンや紅茶・お茶、電気ケトルも完備。

uhibi2_5.jpg
冷蔵庫の中はインクル。そんなに種類はないけど、館内には自販機もあるのでね。

uhibi2_6.jpg
こちらがクローゼット。オシャレ羽織が入ってます。

uhibi2_7.jpg
館内着は作務衣。1着なのがちょっとザンネンだなぁ。。着替えが欲しい。

uhibi2_8.jpg
それではお部屋にお邪魔します。

uhibi2_9.jpg
こう、縦長な造りでベッドルームとリビングが一間になってるタイプ。この画像は奥のベッド側からリビングを見た感じ。

uhibi2_10.jpg
こちらはリビング側からベッドルームを見た感じ。コンパクトだけど、2人までなら問題なさそう。

uhibi2_11.jpg
ベッドは適度に反発して寝心地良し(^^♪

uhibi2_12.jpg
天板を持ち上げるとドレッサーになるデスクとか、隠せるテレビとか、なるべくシンプルに見えるような造りになってます。

uhibi2_13.jpg
ソファはデイベッド仕様でゆったり寛げますよ。

uhibi2_14.jpg
お風呂上りに寝転がりながら、外の景色を眺めたりするのにちょうど良い位置でした。

uhibi2_16.jpg
お部屋からの眺めは響渓谷。テラスに出て眺めた方が絶景ですが、お部屋の中からの眺望もなかなか。

uhibi2_15.jpg
眺望よりも目を惹かれたのが、やっぱり梅ですね。客室の壁にはこんなモチーフが。可愛いですねぇ。。

お部屋の雰囲気はこんな感じ。別邸の中では一番リーズナブルなのでやっぱりコンパクトサイズですね。広さで言えば、本館のもっとリーズナブルな客室の方が広そう。けど、このお部屋の魅力は客室露天風呂なのでね、その様子はまた次回。


次回は客室露天風呂のレポを。

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
奥日田温泉 うめひびきの口コミはこちら

3 Comments

There are no comments yet.
ちろっこ
ちろっこ  

To ukyouさん

コメントありがとうございます^ ^
なかなか凝った造りのお部屋でした。
本館のお風呂がついてないお部屋の方が、広さはありそうです。
お風呂が要らなければ、本館の方が良いかも。

2019/06/05 (Wed) 08:47 | EDIT | REPLY |   
ukyou  

高級感のあるお部屋 シックな色にまとめて

のんびり泊まれそう!

本館はもっと広いんだね。

2019/06/03 (Mon) 20:13 | EDIT | REPLY |   
ちろっこ
ちろっこ  

To 鍵コメ様

はじめまして、コメントありがとうございます(^^♪
うめひびきさん、お部屋も色々なタイプがあるので悩みますね。
鶯宿デラックスの場合、かなり縦長な造りの先に窓がある感じになるので、開放感で言えば本館のお部屋よりも劣るかも知れません。
あと、別邸は本館と向きが異なるので、同じ響渓谷でも見え方(角度)が違うようです。
ワタシは再訪できたら本館の南高に泊まってみたいのですが、テラスの庇が微妙に隙間があるような。。

ゆっくり更新になりますが、宜しければまた遊びにいらして下さいませ(*^-^*)

2019/06/02 (Sun) 00:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment