in 湯居間蔵 2度目 2019.01

湯居間蔵(2019.01) 客室(リビング)

-0 COMMENT
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯元眺望閣 湯居間蔵の口コミはこちら

湯居間蔵さんの客室は全5室。内4室がメゾネットで全室源泉かけ流しの半露天風呂付。湯居間蔵さんって、あんましメジャー処な予約サイトで扱ってないんですよね。JTBのみで、もしくは宿に直接予約をするか。
今回ワタシが利用したプランは客室の指定ができません。メゾネットタイプというのは決まってて、少し早めの10時チェックアウトプランだったのでお得な料金になっています。

yuimak2_1.jpg
客室前の廊下。メゾネットタイプの客室はこの廊下に並んでます。因みにメゾネットではない『空々』のみラウンジの横にあるそうです。

yuimak2_2.jpg
案内されたのは、一番奥の客室『楽々』。

yuimak2_3.jpg
1Fは手前に板の間と奥に畳のリビング。前回泊まった『暖々』とほぼ同じ。この板の間の用途がイマイチ不明なんだよな。。床暖房でもないから寛ぐ感じではないし、雰囲気は最高なんだけど。

yuimak2_4.jpg
板の間のカウンターにコーヒー&紅茶&お茶セット。

yuimak2_5.jpg
中は野菜ジュースとお茶、天然水でこちらもサービスです(^^♪

yuimak2_6.jpg
畳の間がリビングになってます。ここでゴロゴロ過ごすのが良いですね。

yuimak2_7.jpg
8畳なのでそれ程広々ではありませんが、2人ならそんなに手狭には感じないかと。

yuimak2_8.jpg
それよりこの座椅子がイマイチ座り心地が良くなくて、畳の上で思い思いに転がる事に。座卓の上にはお菓子が用意されてました。畳に転がりながらおせんべいをバリバリ食べつつテレビを見る、ダメ女2人。。

yuimak2_9.jpg
テレビの大きさも充分だし音響も◎、そして何よりテレビ台のアンティークな和箪笥がステキ過ぎる(*´Д`) こういうの大好きなのです。

yuimak2_10.jpg
DVDプレーヤーとCDプレーヤーもありました。電話のデザインも可愛い。

yuimak2_11.jpg
テレビ台の和箪笥に浴衣が2枚ずつ、作務衣とパジャマ、羽織が1着ずつ用意されてました。着替えが沢山あって嬉しい。

yuimak2_12.jpg
リビングからお部屋を見るとこんな感じになってて、分かりづらいですがリビングの上は吹き抜け。板の間の上が寝室。この構造がですね。。いくら暖房をハイパワーで動かしても、暖気が吹き抜け部分の天井付近に留まり、一向に1Fに下りて来ないという。。1Fがリビングなのに暖かくないって結構辛い。天井にファンをつけるのは無理にしても、サーキュレーターくらいは必要だなぁ。

yuimak2_13.jpg
パウダースペースは板の間にあります。

yuimak2_14.jpg
歯ブラシ、カミソリ、綿棒、ヘアブラシ、櫛、シャワーキャップなんかが用意されてました。

yuimak2_15.jpg
バスアメはコテ バスティド。アルガンオイルを使ったバスアメは使用感もとっても良かったですよ(*'▽') スキンケア類はないので持参必須ですね。

客室1F部分はこんな感じ。リビングが温まらない件は要改善。それ以外はとっても居心地が良くてアメニティ類もなかなか良いものが置かれてるのでね、ますます勿体なく感じるのです。この他1Fには広縁と半露天があるのですが、それはまた次回、2Fの寝室と合わせてご紹介しようかと。


次回は寝室&客室半露天風呂のレポを。

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯元眺望閣 湯居間蔵の口コミはこちら

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment