in 湯居間蔵 2度目 2019.01

湯居間蔵(2019.01) 訪問

-2 COMMENT
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯元眺望閣 湯居間蔵の口コミはこちら

さて、今回は1月後半に訪れた越後湯沢の宿レポです。
2013年12月にも訪れた事のある『湯居間蔵(ゆいまくら)』さん。トロトロの美肌の湯を堪能できる、全5室の古民家宿。前回訪問した時にすごく良い印象でずっと再訪したかったのですけどね、なかなか叶わず。。今回は友人の「トロトロのお湯、体験してみたい!」というリクエストもあり、せっかくなので再訪する事にしました(^^♪
越後湯沢駅から送迎車で5分程。急坂だし、豪雪だし、この時期は雪道運転に慣れてる人以外は送迎をお願いした方が良さそう。

yuimak1_1.jpg
はい、豪雪です(゜.゜) 今冬は暖冬と聞いていたのですが、越後湯沢には関係のない話でしたかね。。積もり過ぎて宿の外観がよく分からない。ここまでの雪は、山人さん以来だな。。

yuimak1_2.jpg
写真を撮っている間も降り続ける雪。。ま、雨よりいいよね。

yuimak1_3.jpg
エントランス。うん、渋スタイリッシュですごく好みだ(*'▽')

yuimak1_4.jpg
玄関に入っても、何か寒い。。というか冷え冷え。

yuimak1_5.jpg
玄関脇にフロント。ああ、いいなぁこの雰囲気やっぱり大好物。

yuimak1_6.jpg
フロントの前に階段があって、2Fへ上がれます。

yuimak1_7.jpg
2Fはショップになっていて、お土産というか雑貨が沢山置いてありました。

yuimak1_8.jpg
ショップの窓から見えるのは。。雪のみ。中庭のはずなんだけど、積もり過ぎてて何だかよく分からない。

yuimak1_9.jpg
1Fに降りて来て、こちらがラウンジ『蔵』。中は暖房でポカポカです。そうそう、こんな雰囲気だった。家具なんかもとてもステキなんだなぁ。。和箪笥とか見惚れちゃう。この重厚感が実に美しい(*´Д`)

yuimak1_10.jpg
そして『蔵』の窓の外にも雪が積もり、殆ど雪に埋もれてる状態です。

yuimak1_11.jpg
ウェルカムドリンクはお茶も選べましたが、ワタシはスパークリングワインでお願いしました。お菓子は地元のホテルや旅館組合が協力して開発したものだそうで、柔らかくてほんのり笹の香りがするお餅に程良い甘さの粒あんが美味しかった。

yuimak1_12.jpg
『蔵』を出て客室へ向かう廊下。冷え冷えなのはもちろん、何かちょっと暗いと思ったら。。

yuimak1_13.jpg
廊下の窓の外がこんなになってるからでした( ̄□ ̄;)ギョッ

とまぁ、パブリックスペースはこんな感じ。全5室の小宿なのでそれ程充実してるワケではありませんが、基本ゴハン以外はお部屋で過ごすお籠り宿なんで問題なし。それに『蔵』の美しい事この上なし。ワタシは古民家好きなんで、こういう宿はホントど真ん中なのですよ。ちょっとびっくりする程の豪雪ですが、それもまた似合うかな、と。


次回は半露天風呂付客室のレポを。

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
湯元眺望閣 湯居間蔵の口コミはこちら

2 Comments

There are no comments yet.
ちろっこ  

To kazzさん

kazzさん、コメントありがとうございます^ ^
湯居間蔵さん、さすがの豪雪でした。
前回よりも積もっていたかもしれないですね〜。
湯居間蔵さんっていまだに宿レポが少ないような気がします。やはりじゃらん、楽天、一休あたりで取り扱いがないからですかね。
旅行雑誌に広告なんかも見ないし、あまり目立ちたくないのかな、と。ひっそり、こっそり、みたいな。

一度グリーンシーズンに行ってみたいなあ。何せ、雪で何も見えない時しか知らないので。

2019/04/10 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   
kazz  

こんばんは。
いよいよ始まりましたね、湯居間蔵さんレポ。

それにしても豪快な雪だこと。
そう言えば数年前にお出かけになられた時も凄かった。
もうずっと気にかけている宿なのですが、
当時はほとんどブロガーさんのレポがなく、謎多き宿でした。
そんな時に何時も拝見させていただいていたちろっこさんが
湯居間蔵さんに行かれたということで、
レポを夢中になって読ませていただいた記憶があります。

今回もまた楽しませていただきます。
引き続きお願いしますね。

2019/04/09 (Tue) 19:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment