FC2ブログ

Welcome to my blog

山形座 瀧波 2018.07

山形座 瀧波 夕食

0 0
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
山形座 瀧波の口コミはこちら

それでは夕食のレポを。夕食の時間は18時開始と決まっていて、ダイニング『1/365』で全てのゲストが一斉スタートという、ちょっと変わったスタイルです。

takinam4_1.jpg
ダイニング「1/365」。カウンターテーブルの中央にオープンキッチンがあって、料理長が仕上げや盛付をしているのをのを見ながら、という演出。お料理が出されるタイミングで料理長から食材の産地等色々な説明がありました。
が、これはちょっと、マイペースで楽しみたい人にはやや過剰な演出にも思えるし、何せ皆が一斉スタートでお料理が出されるタイミングも一緒だから、他のゲストにも配慮しないといけないワケです。ペースとか。ワタシは食べるのが遅い方だし、お酒も飲みながらだから余計にゆっくり進めたいんだけど、一人遅れるワケにもいかないと思うと、どうもね。。

夕食の詳細はレポしていきますが、モダンにアレンジされた郷土料理でとても美味しかったですよ。ただ、お品書きが抽象的過ぎてお料理の詳細が今となってはさっぱりわからん(;・∀・)のですみませぬ。。

takinam4_2.jpg
にいだしぜんしゅ 生もとめろん(100ml 1,000円)
まずはお酒でスタート。山形の地酒にしようと思ったら郡山の酒蔵仁井田本家のこちらが気になり。何が気になるって「めろん」って??何でも、完熟メロンのような吟醸香とジューシーな味わい、という事なのだけど、想像もつかなくて飲んでみた。うん!確かに甘みと酸味がしっかりしてて、ほのかにスパークリング感もある。メロンの味はしないけどイメージとしてはピッタリかも。日本酒の甘口は苦手なんだけど、酸味が軽くしてくれてるので美味しい(*'▽')

takinam4_3.jpg
山形の恵み  置賜 村山 最上 新庄
ええと、前菜的なものですが、山形の4地域の食材を使ったお料理で、何だったか記憶にないんだけど山菜やジュンサイ、めかぶっぽいもの。。詳細は全く覚えてないのですが、臭みや灰汁もなく美味しかった。

takinam4_4.jpg
水ぬるむ  梅山葵
たしか、梅山葵を素揚げにしたものを椀物仕立てにしてあったような。。出汁が優しくて、梅山葵もガツンとくる感じではなくスッキリとしてて食べやすかった。

takinam4_5.jpg
清流から  最上川下り
川の幸ですね、色々な川魚が、甘露煮や寿司、焼きや造りでいただけます。

takinam4_6.jpg
里と海  焼き野菜 庄内の旬肴 山のソース
魚料理なんですが。。すみませんこれも何の魚だったか記憶になくて(´;ω;`) でも、たんぱくな白身魚に添えられた山のソースがよく合います。山のソースというのは、あけびの皮を使ったソースだそうで、山形ではあけびの実だけでなく皮も食べるそうです(゚0゚)

takinam4_7.jpg
アロマティコフリザンテ(グラス 1,200円)
これね、地元南陽市のワイナリー『グレープリパブリック』さんのワインなのですが、すごく美味しいの!一応白の辛口微発泡という事ですが、フルーティーさが勝ってて自然な甘みが感じられるような。白ともロゼとも違うややオレンジがかった濁りワイン。こんなの初めて飲んだ!あんまり美味しかったから、家に帰ってネットで買おうと思ったらもうどこも在庫なし(´;ω;`) 秋以降になれば2018のが販売されるかなぁ。

takinam4_8.jpg
水潤  米澤豚一番育ち 飯豊と蔵王
米沢というと牛なイメージですが、ブランド豚もあるのですよ。臭みがなくて、甘みが強い豚肉で美味しかった(^^♪

takinam4_9.jpg
山野の香り  米沢牛
メインの米沢牛はとってもジューシーで柔らか。脂が上品なんだよねー、くどくない。添えられたのは蕗味噌のようでしたが、ここであけがらしが欲しかった。味噌もいいのだけど、肉の甘みと味噌の甘みでやや甘々なので、ほんのりスパイシーさが欲しいのです。あけがらしも山形が誇る食品なのでね、是非検討してもらいたいです。

takinam4_10.jpg
瀧波の芋煮汁
芋煮のシーズンは秋ですが、季節を問わず食べられる芋煮を、という事で珍しい鶏肉の芋煮。うーん、正直芋煮としてはいまいち。ワタシは山形のトラディショナルな「ザ・芋煮」が大好きなので、芋煮として求めてる味はこれじゃないというか。上品な鶏肉の汁物だと思えばばぁいけるかと。

takinam4_11.jpg
馳走  南陽のお米を土釜で
南陽産のコシヒカリ。これは文句なしにうまい!何とも艶やかできれいな白米です。南陽のお米って美味しいんだよ。ウチはもうずっと南陽にある農家さんの米を取り寄せてます。

takinam4_12.jpg
香の物も出されて

takinam4_13.jpg
純米大吟醸 楯野川 上流(100ml 1,100円)
白米の後に飲むのかと言われそうですが、これまたふくよかな旨味が感じられるきれいなお酒で美味。白米に日本酒って糖質万歳なヤバイ組み合わせですが美味しいですね~(*´ω`*)

takinam4_14.jpg
お楽しみ
手打ちそばは十割ではなさそう。田舎蕎麦というよりは上品な喉越しでした。

takinam4_15.jpg
デザート
全く覚えてないんですが、ほうじ茶のアイスだったっけかな??分からない(;^ω^)

以上で夕食は終了。
かなりの量でお腹も限界になったのだけど、山菜やオーガニック野菜がたくさん使われているのでとってもヘルシーだと思われます。全体的に素材の味を生かしたお料理で、味が濃すぎるなんて事もなくてどちらかというと薄味仕立て。
瀧波さんのコンセプト「新しい山形」にも合ってるのではないかと。郷土料理だけどありきたりではなくて、遊び心も感じられる美味しい夕食で満足、満足(^^♪

ただやっぱり、もうちょっとマイペースで食べたい気は、する。あとね、日本酒のお値段がややお高いかな。100mlでオーダーできるのは、沢山飲まなくても色々な種類が飲めるから嬉しいのだけどね。


次回は朝食&感想のレポを。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
山形座 瀧波の口コミはこちら

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply