FC2ブログ

Welcome to my blog

櫻湯山茱萸 2度目 2018.07

櫻湯山茱萸(2018.07) 夕食

0 0
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
櫻湯山茱萸の口コミはこちら

それでは夕食のレポを。『山茱萸』さんでは、夕朝食共に主室の掘りごたつで和食をいただきます。時間の10分くらい前に係の方が準備を始めに来られるので、ギリギリまで寛いでると結構焦りますよ(;^ω^)

sanshuy4_2.jpg
まずはオリジナルカクテルからスタート。こちらは予約サイトのステージ特典でした。

sanshuy4_1.jpg
先付  玉蜀黍(とうもろこし)の冷やし茶碗蒸し
とうもろこしの甘みがしっかりした冷やし茶碗蒸し、中にチーズも入っててウマイ!なんだけど、チーズのせいか、とうもろこしの粒々が歯にくっついてなかなか取れなくて、すぐにでも歯磨きをしたくなった一品(;^ω^)

sanshuy4_3.jpg
前菜  南陽産おかひじき 鰻寿司 天豆 青みず冷汁 手長海老 鴨ロース茄子博多
お酒が進みそうな前菜ですが、おかひじきが出汁が効いてて美味しかった。

sanshuy4_4.jpg
グラスの赤はお値段806円(税込み)と良心的。

sanshuy4_5.jpg
椀物  枝豆真薯 じゅんさい
お造り  鰹 かんぱち 湯引河豚

sanshuy4_7.jpg
この椀物が一番美味しかった!枝豆の優しい甘さが、程良くふわっと香る出汁との相性も良く。

sanshuy4_6.jpg
お造りは鰹だったのが意外。でも美味しくて食感も良かった。

sanshuy4_8.jpg
焼物  鱸けんちん焼 ささぎ 鬼灯山桃ワイン煮
スズキは普通に美味しかった。ささぎは胡麻和えでこれもなかなかウマイ。山桃はちょいワインの渋みがうつり過ぎちゃった感じ。

sanshuy4_9.jpg
口直し  大吟醸トマト 山形セルリー 胡瓜
あっさり野菜に、麹の風味。

sanshuy4_10.jpg
強肴  米沢牛ステーキ アスパラ ズッキーニ

sanshuy4_11.jpg
米沢牛は見た目はそれ程ではないですが、ジューシーで柔らかくていいお肉でしたよ。岩塩が2種類添えられていて、片方はお肉用、もう片方は野菜用。なるほど、味が違います。

sanshuy4_12.jpg
炊き合せ  蕨信田巻 蕗 おくら 細竹餡
優しい味わいの焚き合わせ、これも普通に美味しい。

sanshuy4_13.jpg
お食事  牛時雨煮ご飯 止椀 漬物
白米に乗せられた牛そぼろの時雨煮、しょうがの風味が効いててウマイ!

sanshuy4_14.jpg
水菓子  メロン マンゴープリン
大好きな完熟メロンヽ(^o^)丿 桃とさくらんぼを(口腔アレルギーにより)奪われた今、心の支えはメロンだけ…( ;∀;) 美味しいなぁ。マンゴープリンは殆どマンゴーの味はしないのがザンネンだけど普通には美味しかった。

以上で夕食は終了。

うん、感動する程ではないし、お料理目当てにするには物足りなさは否めませんが、丁寧に作られてて内容は悪くないと思います。味が濃いものと薄味のものが交互に出されていたり、構成も良いんじゃないかな。食べやすいです。
やや繊細さに欠ける味付けなのと、盛付やお皿はもうちょい頑張りどころかな。。
あとは、「これ!」という名物料理みたいなものがあれば、もっと印象に残る気がする。

前日が素晴らしかっただけにどうしても見劣りはしてしまうけど、こちらのお料理も充分に楽しめましたよ。


次回は朝食&感想のレポを。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
櫻湯山茱萸の口コミはこちら

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply