FC2ブログ
◆伊豆・箱根・小田原 食処&旅処◆

河津バガテル公園

0 0
『赤沢迎賓館』さんをチェックアウトした後、母と合流して2泊目の宿へ。
そちらの宿レポはまた次回にして、母と訪れた『河津バガテル公園』のレポを。

バラで有名なバガテル公園は、電車利用の方は河津駅からバスもしくはタクシーで。山の中腹あたりにあるので駅からはだいぶ距離がありました。ワタシ達は行きはタクシーで、帰りはバスを利用。バスの本数が少ないので、到着した際に帰りのバスの時間を確かめておくと良いですよ。

bag_1.jpg
バラ園入口にあるオランジェリー。イベント海上として利用されているそうです。

bag_2.jpg
こんな感じで、手入れの行き届いた庭園の中の歩道を歩いて見学します。

bag_3.jpg
それにしても、さすがプロの造園スタッフさんが手入れされてるだけはあって、アーチのバラも立派。これだけの花をつけるには、寒い時期に剪定やらなにやら、実に細々とした作業が必要になります。一時期実家の狭い庭がバラで埋め尽くされていた時期がありますが、100株くらいのバラでも維持するのが大変なのに、このスケールは気が遠くなりそう。。6000株あるそうですよ。

bag_4.jpg

bag_5.jpg
母娘だからかバラの好みだけはよく似てて、2人ともこういう小輪の白や紫のバラが好き。こういう小さなクシャクシャっとしたバラが沢山咲くととてもキレイなんですよ。
両親がバラ好きだった影響もあって、そこそこバラヲタになってしまったワタシが一番好きなのは「チャールズ レニー マッキントッシュ」というライラックカラーのイングリッシュローズ。こちらでは見かけなかったのがザンネン。

bag_6.jpg
それにしてもすごい花数。

bag_7.jpg
「ピエール ドゥ ロンサール」。丈夫で育てやすいんですよね、実家のもすぐに大きくなりました。が、わりと早い時期に撤去されてしまいました。キレイなんだけどね。ややロマンティック過ぎる感のある花が沢山つくから、主張し過ぎるのかなぁ。

bag_8.jpg
たくさんある白バラの中でも独特の透明感がある「アイスバーグ」。別名は白雪姫ですよ、ホントキレイ。

bag_10.jpg
今回見たバラで一番キレイだと思ったのがこちら、「レイニーブルー」。このサイズなら、花数が少なくなる秋までキレイだろうなぁ(*^-^*)

bag_9.jpg
バラはとってもキレイなのだけど、お天気が良過ぎてクラクラしてきたので早々と退散、バスが来るまで敷地内のカフェでお茶をして過ごしました。

一番たくさんの花が咲く、春バラの見ごろであれば、大人1,000円の入園料も納得。
夏以降はどうしても花数は減るのでね。。やっぱり春に行くのがおススメです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply